叶美香が緊急入院!!病名はアレルギーによる重度の呼吸障害!!

pony03

叶姉妹の妹の叶美香さんが緊急入院したことがブログにて発表されました。

ブログには病名などは公表されていませんでしたが、

本日放送のミヤネ屋で詳細な情報を、芸能リポーターの井上公造さんが述べていたので、その詳細な情報などを書いていきたいと思います。

病名はアレルギーによる重度の呼吸障害で12月10日までには退院予定

02

叶美香さんの病名ですが、アレルギーによる重度の呼吸障害が緊急入院の原因になります。よく言われるアナフィラキシーショックです。

アナフィラキシーショックは、アレルギーによるものですので、ピーナッツアレルギーがいきなり発症したや蜂に刺されたなど、様々な原因で起こりますが、流石に何が原因で今回のアレルギーになったかは説明されていませんでした。

ですが、命の危険もあると言われたみたいですので、本当にアレルギーの中でも重症の部類で、本当に一刻の猶予も許さないくらい危険な状態だったそうです。

叶美香さんの場合は、重度の呼吸障害が現れたみたいで、喘息が重い時の似た症状や強い喘鳴など、呼吸をするのに本当に苦しい状態だったと思います。

スポンサードリンク

アレルギーを起こさないようにするためには?

illust1625

アレルギーを起こさないためにはですが、まず、自分が何のアレルギーを持っているかを知ることが本当に重要になります。

しかし、アレルギーを知っていたかといって、いきなり発症する場合もありますので、防ぐことが難しい場合もあります。ストレスや特定のものを食べ続けると発症することがあるそうです。

りんごが大好きで、食べ過ぎたら、りんごアレルギーになったという話も、私は友人から聞いたことがあります。

叶美香さんの場合は、現在のあの美しさでありながら、48歳ですので、相当健康に気を使っていましたし、運動もきちんとこなしていたそうです。

それにもかからず、いきなりのアナフィラキシーショックになるんですから、本当にアナフィラキシーショックは突然死の原因にもなるので、注意が必要です。

私たちが、この報道を受けてしなければならないことは?

DJ-AM0201-3

意外と知られていませんが、私達日本人にも多くの人がアレルギーの中の、小麦アレルギーいわゆる、グルテン不耐性を持っていると言われています。

アレルギーの段階にもレベル1からレベル5までなど、どれだけ反応するかはわかりませんが、すべての人がレベル1であればアレルギーを持っています。

花粉症などもアレルギーの典型例ですが、花粉症は目がかゆくなったり、鼻水が止まらなくなったり、過剰に反応するので、レベルは高めですが、

レベル1などでもアレルギーを持っている人が、その食品などを食べることで、体に様々な悪影響を及ぼしている可能性があります。

近年話題になった本に、テニスの世界ランキング1位のテニス選手のノバク・ジョコビッチ選手の本が話題になりました。

ジョコビッチ選手は、重要な場面になると、呼吸器の発作によって試合に負ける場面などがかなりありました。

ジョコビッチ選手の家は昔からイタリアンのお店をしていて、ピザなどを食べるのが大好きだったそうなのですが、このピザなどの小麦が発作の原因だったそうです。

普段生活している分には発作などが起きないのですが、プレッシャーのかかった場面などで、いきなり、アレルギー症状が起きるそうです。

このように、普段アレルギー物質を摂取していても、何かの曲面で、アレルギー症状が起きてしまう場合もありますので、本当に自分が何のアレルギー物質を知ることが重要になります。

病院に行って検査することが一番大切ですが、ジョコビッチ選手の本でも相当詳しく、そして、ダイエットの方法なども書いていますので、かなりおすすめです。

↓↓↓
ジョコビッチの生まれ変わる食事 [ ノバク・ジョコビッチ ]

最後に叶美香さんの補足情報ですが、11月23日にはすでに入院していて、退院日は12月10日の予定ですので、無事退院することを待ちたいと思います。

また、姉の恭子さんもショックで熱を出しているという情報もありますので、また、二人で元気にゴージャスな格好でテレビに出て欲しいと思います。

スポンサードリンク

最新の報道では、叶美香さんのアナフィラキシーショックの原因は、咳止めによることが報道されました。

市販で売られている風邪薬は、アレルギーを持っている人には、危険が伴うことが、昔から言われているので、アレルギーを持っている人は注意をしてください。

また、風邪薬は、対症療法でしかなく、風邪の菌をやっつける薬を開発したら、ノーベル賞が取れると言われるくらい、その開発は難しいので、風邪薬を飲んでも咳などをとめたり、一時的に熱を下げる効果はありますが、

風邪自体は治りませんの覚えておいたほうが良いです。

また、風邪薬を飲むと、かえって風邪の治りが遅くなるとも一説には言われていますので、

病院に行くかは個人の判断ですが、私は、この話を聞いてから病院にいかなくなりましたが、何の問題も起こっていません。

大堀恵さんもアナフィラキシーショックになったみたいなので、あわせてチェックしてみてください。

http://houdou.tsontrend.com/1194.html

 

コメントを残す