大堀恵が代理ミュンヒハウゼン症候群と言われているが・・・

sotsugyo_2

元SDN48の大堀恵さんが代理ミュンヒハウゼン症候群と言われていますが、

一体この代理ミュンヒハウゼン症候群とは一体どんな病気なのでしょうか?

その真意などについて迫って見たいと思います。

大堀恵を代理ミュンヒハウゼン症候群と言っているのはアンチ?

o0404072012474634171

まず、代理ミュンヒハウゼン症候群についてですが、精神疾患の一つで、

自らの精神的な満足を他人から得ようと、他人を傷つけ、自分に注目を浴びせようとする行為です。

ちなみに、大堀恵さんは、アンチが代理ミュンヒハウゼン症候群と言っているだけで、その本当のところは違うと思いますが、

そう言われても仕方がないような行動をとっているのも事実です。

さて、代理ミュンヒハウゼン症候群で最近問題になっているのは、子供を故意に病気にさせたり、怪我を追わせることで、看病している様子をFACEBOOKなどでアップをして、いいねを多くもらえることなどが、

自分の精神的な満足に繋がることから、繰り返しその行為が行われることがあります。

自己の精神を満たすためにやっていますので、子供を傷つけることは、目的ではなく、手段になってしまうのですが、

結局子供を傷つけていますので、虐待であり、子供が死んでしまうケースもあります。

昨年放送されたドラマで、代理ミュンヒハウゼン症候群を題にしたドラマがあります。

少女はなぜ記憶を失わなければならなかったのかで、山下智久さん主演で、木村文乃さんなども出演しているドラマがありますので、

これを見ていただけると、かなり理解することが出来ると思います。

http://bit.ly/1HICEYW

スポンサードリンク

大堀恵が代理ミュンヒハウゼン症候群と言われる所以は?
news_large_ohorimegumi

大堀恵さんが代理ミュンヒハウゼン症候群と言われるのは、

一つに、ママタレとしての世間からの妬みや嫉妬などがあるのではないでしょうか。

大堀恵さん自体、キャラクター的にあまり女性から好かれるようなキャラクターではないですし、今、本当に多くのママタレがいて、

それぞれ批判などされていますので、その批判の仕方が代理ミュンヒハウゼン症候群だということなのではないでしょうか。

ちなみに、代理ミュンヒハウゼン症候群は自分ではなく、他者を傷つけることによって起こりますが、自分を傷つけたり、病気を演じたりなどすることは、ミュンヒハウゼン症候群と言われます。

大堀恵さんは、アナフィラキシーショックになったことをブログにて発表したり、娘が病気から回復した、1週間後にインフルエンザの予防接種などをしたことから、

普通じゃ考えられないなど、批判がされています。

ですが、特に、故意に傷つけたりしてはいませんので、明らかに違うとは思います。

私は医者ではないので、どの基準で、代理ミュンヒハウゼン症候群やュンヒハウゼン症候群と診断されるのかはわかりませんが、

究極的なかまってちゃんや、自分に常に注目を浴びていないと、文句を言ってきたりする人が周りにいる人は、この症状である可能性がありますので、

注意が必要ではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す