カリスマお受験ママの佐藤亮子の教育方針で本当に東大に入れる?

2015-12-05_034953

カリスマ受験ママこと佐藤亮子さんの教育論が話題になっていますが、

日本の最高の大学そして学科に3人の子供を入学させ、

現在長女も東大理Ⅲを目指しているということですが、

この教育方針を分析するのと同時に、私の意見を述べたいと思います。

佐藤亮子の教育法は一歩間違えば大変なことになる可能性も・・・

03

カリスマお受験ママの佐藤亮子さんの教育方針は、東大理Ⅲに3人全員入学させ、

更に長女も東大理Ⅲを目指しているということで、本当に凄いことだとは思いますが、しかし、佐藤亮子さんだから出来ることであって、普通の人がこの教育法を曖昧なまま実践すると、子供の将来を破滅させる可能性もありますので、注意してください。

まず、佐藤亮子さんの行動量は普通のお母さんでは考えられないくらいしていると思います。

子供に、3歳までに1万冊の本を読ませること、1万曲の曲を聴かせることを、何回読み聞かせたか記録するほどの徹底ぶり。

そして、休憩時間を分単位で管理したり、勉強に関係ないことは、佐藤亮子さんがすべてやること。そして、習い事なども兄弟すべて同じタイミングで始め、そして、同じタイミングでやめさせる、塾に通わせることを徹底していたそうです。

スポンサードリンク

それぞれ子供ですので、弱点なども違いますので、何が弱点かを分析し、それぞれの子供にあわせて対策することも忘れなかったそうです。

しかし、子供に考えることをさせない徹底的な管理教育のもとでは、絶対に起業家などは生まれませんし、この先の未来では、東大などどうでもよい社会になりますので、

確かに、現在の段階では、東大に子供を入学させることは素晴らしいかもしれませんが、社会のシステムが変わっている現在において、佐藤亮子さんの教育はこれから機能しなくなる可能性があります。

佐藤亮子さん自身は、子供3人を東大に入学させることがステータスだったかも知れませんが、もし子供が高校生のうちから起業したいなどと言い出したら一体どうしていたのでしょうか?

まあ、子供を徹底的に洗脳していますので、そういったことにはなりませんが、もしなっていた場合、どういった判断を下していたのか、知りたいところではあります。

さて、最初の方に書いた、子供を破滅させる可能性があると書きましたが、人間は見返りを求めたがる動物です。

何も見返りを求めない無償の愛など、本当に実現することは難しいです。

期待をかけた分、それを結果を出して返してほしいと思うのでが普通です。

これだけやったのだから、これくらいの結果が出るのが当たり前だと考えてしまうのが人間です。ですが、子供はそれに答えられない場合があります。

そして、親は焦りを感じはじめ、子供を褒めなくなります。

子供は、成功しても褒められなくなり、失敗すると怒られるので、何のために自分は行動しているのかわからなくなります。

子供は親の愛情を獲得するために生まれてきたのではありません。

しかし、親の期待を応えることが子供の使命になってしまった時、

子供は夢などを忘れ、

生きづらさを感じるかもしれません。

そうなった時に、子供が将来何かで成功することは難しくなります。

親の押し付け、葛藤など、子供が本当に望んでいることは何なのか?

もし、それを見極めることが出来なかった時、子供の将来を奪ってしまう可能性がありますので、本当に教育には最新の注意が必要です。

スポンサードリンク

1件のコメント

  • かりめろ

    あの~、私は、高校までよく遊び、日本の大学に全部落ちました。イタリアのミラノの某有名大学に入り、卒業しました。因みに、その大学は、国際ランキングで、常時15位までには、入っています。東大って、たしか、50位でしょう?(笑い)最高学府ですよね?本気?それと、東大生の、平均IQは、120ですよね。これ、平均値ですよね?因みに、僕の、母校は、IQ測定していますよ。そのIQじゃ、厳しいでしょう!恥ずかしいって、思いませんか?この、母親、僕の様なバカでも3か国語で、国際金融のファンドを運営していますが。日本の医者程度じゃね~!稼げないよ!(大笑い)英語くらい、おべんきょうしようね!ぼくちゃん達(恥ずかしい!)

コメントを残す