窪塚洋介のこれまでの伝説の数々を上げてみた!!凄い人生を歩む?

2591_4

この度結婚を発表しました、窪塚洋介さんのこれまでの男子からしてみたらかなり異質で羨ましい人生を歩んできていると思います。

そして、9階からの転落事故があったにもかかわらず、見事に生還を果たし、神によって生かされているような類まれな才能を発揮していますので、まとめてみたいと思います。

窪塚洋介の人生をまとめると?

1-4ph

窪塚洋介さんは、1979年5月7日生まれで、日本の俳優、歌手、ミュージックビデオの監督などを務める。神奈川県横須賀市出身で神奈川県立横須賀高等学校卒業している。所属事務所はモノポライズ。

2006年から卍LINEという名義でレゲエDeeJayとしても活動している。

スポンサードリンク


2002年までテレビドラマや映画などに多数出演していたが、2002年以降はテレビドラマには出演していない。

万人共通として出演していたドラマとして有名なのは、GTOの菊池善人役が有名である。

2001年には映画『GO』の主演を務め、最年少で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を得る


その他有名な映画作品としては、『ピンポン』『凶気の桜』『魔界転生』などに出演している。

これまで順調に道を進んできたが、2004年6月6日の昼12時10分ごろに、自宅マンション9階(高さは26メートル会ったと言われている)から転落した。

落下した地点が、地面が芝生だった為、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な重傷を負ったものの命に別状はなく、まさに奇跡的に助かった。 この事件の真相については諸説あるが、本人はその時の記憶が全くないと話している。

2005年に映画で復帰を果たし、そこから、『源氏物語 千年の謎』や『ヘルター・スケルター』などの異質の世界観のある映画に多数出演する。

窪塚洋介さんは普通のラブストーリーや青春ものの映画ではなく、女優さんが濡れ場でもかなり過激な愛を描くものや、独創的と言われるような作品に多数出演している。

かなり話題になった映画の濡れ場として、沢尻エリカさんのヘルター・スケルターや清野菜名さん出演のTOKYO TRIBEは日本国中の男性が憧れるものであったことは間違いない。

ヘルター・スケルターはこちらに登録することで、無料で視聴することが出来ます。


2005年の復帰をしてからは、卍LINEの活動と、舞台、映画を中心に出演し、転落事故について歌う歌などもだしていて、自分の感じたことを素直に歌にする才能なども発揮している。


窪塚洋介の映画やドラマの出演作品、そして音楽活動に関してすべてが独特の世界観を表現し、窪塚洋介さんの代わりはいないというような存在感を発揮している。

転落事故にあい、死ぬかもしれないという状況を味わい、本当に生きることを真剣に考え、今を生きているという生き方。

到底真似できるものではありませんが、日本男子にはない本当に憧れる人や日本人が忘れれている、今を生きていることを感じる生き方をしている人だと思うので、世界観は異質だが多くの見習える部分がある生き方をしていると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す