玉置浩二が大腸憩室炎から復帰!!症状は深刻?永遠の断酒宣言?

4538182465189_cov_1200x1200-75

腸に炎症が起きる病気、大腸憩室炎で入院していた玉置浩二さんが退院し、久しぶりのライブで元気な姿を見せてくれました。

玉置さんはこの大腸憩室炎を、1996年、2003年にも患ったことがあり、今回で3度目の発症ということで、一体どんな病気なのでしょうか?

また、一生の断酒宣言も公表していましたので、それほどまでに深刻な病気なのでしょうか?

病気についての詳細などをまとめていきたいと思います。

玉置浩二さんが24日間入院した大腸憩室炎とは?

10248004029

24日間も入院をして、しかも永遠の断酒宣言を決断した玉置浩二さんですが、病気は大腸憩室炎と公表しました。

かなり、深刻な病ではないかと、恐怖を感じてしまいますが、

まず、この大腸憩室炎ですが、憩室という言葉を普段耳にすることは少ないとは思いますが、憩室とは、大腸の壁が外に飛び出すことで出来る袋状のものを言います。

外に飛び出すなどの表現をしますので、深刻な状態であると感じるかもしれませんが、基本的に憩室自体は、体に悪影響を与えるものではありません。

イメージとしては、ちょっと極端な例ですが、食べ物の餅が膨らんでいる状態を想像してもらえば大丈夫です。

それが、大腸などで起きるわけですが、その膨らんだ部分に便などが溜まって腐り、腸壁などに炎症が起きることで、大腸憩室炎が発症します。

最悪の場合は、大腸の壁が破けて、お腹の中に便が散乱してしまう可能性もありますので、本当にできればかかりたくない病気だと思います。

スポンサードリンク

大腸憩室炎はどういった原因でなるの?

大腸憩室炎

大腸憩室炎ですが、主な原因としては3つあります。

①便秘などからくる排便トラブル!!

②ストレスなどによる腸への負担!!

③加齢による弱った腸への負担!!

まず、便秘などからくる排便トラブルですが、お腹に便が溜まっている状態は、客観的に考えても、決して良い状態ではありません。

硬い便がお腹の中にあり続けると、それだけで、腸など傷つけたりすることはわかると思います。

便を石だと考えていただいたらわかりますが、体の中に、石があり続ける状態は決して良い状態とは言えませんからね。

便秘を改善して、排便をすると、1キロ体重が減る人がいるというくらい、本当に深刻な便秘に悩まされている人がいますが、そういった人は本当に注意です。

便秘を改善する方法ですが、超簡単に言えば、食事のバランスをきちんと整えることが一番大切です。

肉ばかり食べていると、便が固くなりますので、野菜もしっかり食べましょうということが言われます。

続いて、ストレスなどによる腸の負担ですが、腸は非常に繊細で、緊張するとお腹が痛くなる人も多くいるのではないでしょうか。

そういった時に、お腹が締め付けられたりしますが、先ほど述べた、便秘の人はお腹の中に石みたいな便がある状態ですので、

締め付けられることによって、このストレスが、腸を傷つけやすくなることが言われます。

最後に、加齢による弱った腸への負担ですが、年を重ねるに連れて、腸は絶対に弱ってきます。

こうした時に、便秘などにより、大きな負担を強いてしまうと、腸に憩室ができやすく、大腸憩室炎を発症してしまう可能性があります。

この、大腸憩室炎は中年の人が発症する割合が多く、弱った腸に、特に便秘の人がなりやすいと言われています。

再発率は25%というデータもありますが、便秘を改善さえすれば、この、大腸憩室炎は本当にかかりづらい病気ですので、便秘をとにかく改善したいところです。

何故、玉置浩二は大腸憩室炎で一生の断酒宣言をしたのか?

cN0wtFQZsvEfCI9OwWIU9yKjIWc2m0Nv

玉置浩二さんが大腸憩室炎を理由に、これからお酒はきっぱり辞めることを宣言していましたが、お酒は腸に深刻な影響をあたえるのでしょうか?

お酒といえば、肝臓に大きなダメージを与えることが知られていますが、実は、腸にも大きなダメージを与えます。

玉置浩二さんは、お酒を飲み過ぎたのが、大腸憩室炎になった原因であると述べていますが、お酒は、腸にどんな影響をあたえるのでしょうか?

お酒が腸に与える影響ですが、アルコールは、腸内に毒性の強いバクテリアを腸内で増やす働きがあります。

そして、腸内に毒性の強い物質が腸内にたまると、細胞を攻撃し、腸に細かな穴が空くことになります。

そして、穴に毒素などが入り込み、炎症を起こしやすくなることから、これまでにも2度、大腸憩室炎を発症している玉置浩二ですので、

便秘などの症状があったことが、考えられますので、腸に非常にダメージを与えやすい体であったことは考えられます。

そして、さらに、アルコールを飲み過ぎることによって、腸にも深刻なダメージを与えてしまいますので、今回は、アルコールが主な原因として、

憩室に便などがつまり、大腸憩室炎を発症したと考えられます。

お酒は程々にと言われますが、肝臓だけではなく、腸にも、大きな影響を与えてしまう可能性がありますので、本当に注意したいところです。

玉置浩二さんは、断酒をするということですので、これから、体は良い方向へと向かっていくと思いますので、

変わらずの歌声を多くの人びとに届けてほしいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す