モハメド・アリが危篤状態で余命はあと僅か?病名は何?

main

元世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリさんが、容体が悪化し、危篤状態と言われていて、余命があと僅かではないかと言われています。

現在の状況の予想や、呼吸器系の病気という報道がされていますので、あくまで予想で論じますが、現在の状況を推測したいと思います。

モハメド・アリはパーキンソン病でそれが関係か?

¤‚l‚‚ˆ‚‚‚…‚„@‚`‚Œ‚‰iƒAƒƒŠƒJj@ ƒvƒƒ{ƒNƒT[AŒ³¢ŠEƒwƒr[‹‰ƒ`ƒƒƒ“ƒsƒIƒ“

モハメド・アリさんは、以前からパーキンソン病を患い、長きにわたる闘病生活を送っています。

1996年7月アトランタオリンピックの聖火の点火の際に、手が震えていることなどから、パーキンソン病であることが、多くの人の間で知られ、発症してから、余命は、15年と言われていますが、

その、余命を超え、20年も病気と闘いながら生きています。

今回は、呼吸器系の病気で、現在は人工呼吸器に繋がれ、他の病院に移したいらいいのですが、移動させることも困難で、その移動が、致命傷になってしまうくらい、

かなり、深刻な状態ではないかと言われています。

呼吸器系の病気とされていますので、病名として考えられるのは、肺炎、肺結核などではないかと思われますが、詳細な情報はコレかの報道でわかってくるのではないかと思います。

スポンサードリンク

パーキンソン病の詳細な情報は?

parkinson

パーキンソン病の詳細な情報ですが、まず発症の確率ですが、人口1万に1人の割合で発症すると言われています。

日本の患者数は、単純計算で、約1万2000人くらいの患者数がいると思われます。

日本で有名なパーキンソン病を発症している有名人は、加藤茶さんなどが有名です。

まず、パーキンソン病の主な症状ですが、まず、ドーパミンが減少することで、運動機能に関する症状が多く見られます。

手足の震えがとまらなくなったり、動きが遅くなる。

筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられます。

これらによって顔の表情に変化が見られなくなることや、大きな声を出せなくなるなど、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が発生します。

その他、便秘や頻尿などの症状、また、睡眠障害やうつ病の発症、認知症などにもなりやすいことが言われています。

認知症に関しては、発症したら、余命は3年前後と言われていますので、パーキンソン病で一番注意が行われるのは、認知症を発症しているかなどに注意がされるそうです。

モハメド・アリさんに関しては、認知症を発症していななかったために、病気から、約20年たっても、元気には生活は出来ないかもしれませんが、

ここまで、生き伸びることが出来たのだと思います。

最近は、車いすなどでの生活が余儀なくされ、声も発することが厳しいと言われていましたので、かなり、パーキンソン病の症状は深刻だったと思います。

パーキンソン病と肺炎との関係は?

pc_fig2_1

パーキンソン病は運動機能の低下が主な症状であることを述べてきましたが、食事をする際に、食べ物を、細かく砕けない原因になります。

ドーパミンが上手く分泌出来ませんので、脳が、食べ物の質感や量などを上手く調整し、適切な消化のたまの行動ができなくなります。

この症状を嚥下障害というのですが、この嚥下障害が誤嚥性肺炎(老人性肺炎)のおもな原因とされていますので、

モハメド・アリさんも、誤嚥性肺炎(老人性肺炎)に侵されているのではないかと思われます。

誤嚥性肺炎(老人性肺炎)とは、食事中に食べ物が気管支などに入り、炎症をおこすことで肺炎を発症することを言います。

また、睡眠中であったとしても、唾液が気管に入ってしまうことや、胃液が逆流することにより、これまた、気管に入ってしまうことで、炎症をおこし、肺炎を起こしてしまう可能性があります。

老人の肺炎に感染した人の95%が誤嚥性肺炎(老人性肺炎)と言われるくらい、老人の肺炎の原因となっています。

点滴や抗生剤などでの治療が現在行われているとは思いますが、呼吸が停止している状態で発見され、

かろうじて、人工呼吸器で生命を維持しているとも言われていますので、本当に危険な危篤状態で、余命報道が出ていますの、かなり危険な状態であることでしょう。

本当に、闘病生活を頑張り、懸命に生きてこられたと思いますので、頑張って欲しいとは思いますが、最後まで、ファイターとして、懸命に戦ってほしいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す