モハメド・アリの死因は誤嚥性肺炎か?パーキンソン病も原因か?

a263b0c6e4e6a0f8ebdcd77e54289d17-e1343559290133

ボクシングの元世界チャンピオンで、蝶のように舞い蜂のようにさすのフレーズで有名な、モハメド・アリさんが、2016年6月4日に74歳で亡くなりました。

死因などは、まだ発表されていませんが、かねてから、闘病生活を行っていた、パーキンソン病の影響からの呼吸器への病気だと考えられますので、その詳細などに迫って見たいと思います。

パーキンソン病からの運動機能低下による肺炎が死因か?

img_vaccination2_01

モハメド・アリさんの肺炎、そして、パーキンソン病に関することはこちらのリンク先からも、かなり詳しい情報がわかると思いますので、見てみてください。


http://houdou.tsontrend.com/1714.html

モハメド・アリさんの死因に関してですが、かねてからの報道では呼吸器系の病気により入院をしていたと言われています。

2016年の6月4日の午前中のニュースで、モハメド・アリさんが危篤状態であることが報道されましたが、

余命は数時間と言われていましたが、本当に数時間後に息を引き取る結果となってしまい、非常に残念に思います。

さて、死因の詳細ですが、誤嚥性肺炎(老人性肺炎)である可能性が非常に高いと考えられます。

何故、このように推測するかというと、モハメド・アリさんは、かねてから、パーキンソン病を患っていました。

パーキンソン病は、ドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されづらくなることで、運動機能などに障害が起こる病気です。

大きい声が出せなくなることや、動きが遅くなることなど、様々な運動機能に影響を与えますが、食事などをする際にも、大きな影響があります。

私たちは、食事を誤って気管などに入ってしまった場合は、咳き込むことやむせることで、それらの物質を除去することことなどをすることで、

気管などに、物質が入ることを防いでいます。

しかし、加齢や運動機能の低下、神経伝達物質の障害などにより、誤って気管に物質が入ってしまった時に、

対処することなどができなくなります。

これは、睡眠中などでも同じで、私達の唾液が、睡眠中に気管にはいることで、それが原因で、肺に炎症が起こり、肺炎を発症してしまう可能性があります。

また、胃液が逆流することなどで、気管などに入ることでも、肺炎は発症します。

老人の肺炎の死亡原因の96%が誤嚥性肺炎(老人性肺炎)と言われるくらい、かなり高齢者は注意しなければなりません。

特に、モハメド・アリさんのような、パーキンソン病などを患っている人には、非常に注意されている病気ですので、

パーキンソン病などの要因もあり、誤嚥性肺炎(老人性肺炎)を患い、そこから、意識不明などになり、肺の機能の低下により、

酸素を全身に上手く運べなくなり、最終的にそれが原因で心不全などが起こり、心臓が止まってしまったことで、生涯を終えてしまったのではと考えられます。
スポンサードリンク

そもそも、モハメド・アリってすごかったの?

51QNXKYWJ0L

モハメド・アリさんが、亡くなってしまったということで、話題にはなりましたが、若者からすれば、この人は、どんな人かわからないという人も多いと思います。

テニスがすきな人であれば、蝶のように舞い蜂のようにさすのフレーズが、フランス人のツォンガもこのフレーズを使われたりしますし、

顔も少し似ていますので、ご存知の人もいるかもしれませんが、多くの若者は知らない人が多いと思いますので、

モハメド・アリさんについてまとめていきたいと思います。

ちなみに、テニス選手のツォンガはこちらです

img_07b74a67a7f36ef7e9d28f1fa796d60c135611

まず、モハメド・アリさんについてですが、元世界ヘビー級の世界チャンピオンで、ボクシングは12歳の頃にはじめ、オリンピックでも金メダルを獲得しています。

防衛回数は19回もしていますので、その凄さがわかると思いますが、黒人選手は当時は人種差別に苦しんでいて、

モハメド・アリさんも、その例外ではなく、多くの差別などに苦しんだそうです。

多くの伝説の中で、一番語られるのが、アメリカのレストランでの人種差別を受けたことに対しての抗議として、

オリンピックで獲得した金メダルを川に投げ込み、黒人の人種差別撤廃などを国際社会に訴えました。

かなりの苦労をされてきましたが、パーキンソン病なども1990年代に発症し、病と闘いながら、様々な活動を行い、

2005年にはアメリカの最高の栄誉とされる、自由勲章も受賞していますので、非常に人間としても素晴らしく、素晴らしい生き方をした人だと思います。

今回、亡くなられたことは、非常に残念に思い、ご冥福をお祈りしますと同時に、これまでの活動に敬意を表明したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す