住吉都さんが急死、死因はなんなの?自殺?突然死?

スピードスケート女子短距離の2014年ソチ冬季五輪代表にも選出された住吉都(すみよし・みやこ)さんが1月20日に自宅で亡くなっていたことが発表されました。

ヤフーニュースでは詳しい死因などが書かれていなかったので、推測なども交えて記事を書いていこうと思います。

住吉都さんの予想される死因は?

スポンサードリンク


住吉都さんの突然の訃報、そして彼女を知らない人が多い人が多いと思うので、まず住吉都さんについて少し説明します。

住吉都さんは、ソチオリンピックのスピードスケート女子短距離の500メートル、1000メートルに日本代表にも選ばれた実力者です。

大学生の時は、信州大学で三連覇を成し遂げるなど、その実力は日本のスピードスケートファンの間では大きく知られていました。

大学の同級生でもある小平奈緒さんとともに出場したソチオリンピックでは、500メートルで14位、1000メートルで22位の結果を残しています。

もちろん日本国民はメダルを期待しているので、この結果がどうなのかはわかりませんが、私個人としはとても素晴らしい結果を残している選手だと感じました。

さて、本題の死因について書いていきますが、死因は現在非公表なので家族以外はわからないのが現状です。

死因が非公表の理由として本当に死因がわからない場合と、自分で命をたってしまったことなどの理由により、

故人の名誉を守るために死因を公表しない場合があります。

基本的に心臓が止まれば人は亡くなってしまいますので、死因は心不全となるのが一般的ですが、

あえて非公表にしないといのも対応としてあります。

(癌が原因で心臓が止まるなどもありますが、基本的に人間は心臓が止まって亡くなりますので、全て一応心不全であるとも表現することができます。)

本題に戻りました、突然死の例として、虚血性心疾患、心室性不整脈、大動脈瘤破裂、脳血管障害、てんかん重積発作、喘息重積など死因が特定できるものと、解剖などによっても疾患の特定できない原因不明の突然死がありますが、

直前まで、平昌オリンピックの選考会に出ていたことを考えると年齢も若いこともあり、これらの病気によって亡くなったことは低いと考えられます。

もちろん、心筋梗塞や脳梗塞、蜘蛛膜下出血や転んで頭を強く打っていたなど色々なことが考えられます。

自宅で亡くなられたそうですが、外で事故にあって、その時の怪我がくも膜下出血などを起こしたことも考えられます。

しかし、本当のところは現在ではわかりません。

オリンピックの先行会に負けて、自分で命を絶ったのではないかと予想する人もいるようですが、それもわかりません。

これだけ大きなことになっているので、なんらかの発表があるとは思いますが、報道されるのかされないのかは遺族の対応次第ではないでしょうか。

本当に死因がわからないという場合も少なからずありますので、マスコミの正確な発表を今の段階では待つしかないのかなと思います。

オリンピックで素晴らしい結果を残した故人に、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

スポンサードリンク

コメントを残す