ラウールが引退!!かつてはシャルケの内田篤人とチームメイトの英雄

ラウール

元スペイン代表でレアルマドリードで大きな活躍をしていた、
ラウール・ゴンザレス選手が引退することがわかりました。

かつては内田篤人選手とシャルケで同じチームでプレーするなど、
日本でも比較的人気のある選手でした。

これまでの活躍は本当に素晴らしかったので、
ほんとにお疲れ様でしたと思います。

当時の銀河系最強チームをウイイレで思い出して見る・・・
151016-1a

サッカーのゲームのウイイレなどをやっていた人であれば、
銀河系の最強と当時言われていたレアルマドリードで、

ラウール選手をスタメンにプレーさせていた人も多くいたのではないでしょうか?

その当時は、カシジャス、サルガド、イエロ、ロベルト・カルロス、エルゲラ、
グティ、ベッカム、ジダン、フィーゴ、ロナウド、そしてラウールがスタメンに名を連ねていました。

あの時のレアルマドリードはウイイレでプレーしていると本当に強くて、
日本代表はその当時、中田英寿選手などが中心だったと思いますが、

選手の能力も本当に低くて、
今、ドルトムントで香川選手がプレーしていることや、

ACミランで本田選手がプレーしていることが、
本当にすごいことだと感じさせられます。

もし、その当時、ウイイレでレアルマドリードを使ったら、
せこいと言われたり、相手に買っても、反則勝ちと言われたりしました。

最近ボクはウイイレをやっていないので、わかりませんが、
少し前は、メッシの能力が高すぎて、

それこそ、反則レベルでした。

その時のバルセロナもかなり反則レベルで、
メッシ、イブラヒモビッチ、アンリ、シャビ、イニエスタ、
プジョル、ピケ、ダニエウ・アウヴェス、マクスウェル、バルデスでした。

実際はイブラヒモビッチはバルセロナのサッカーには合っていませんでしたが、
でも、ゲームはコンビネーションが合わないとか、

あまり関係ないので、本当に反則レベルの凄さでした。

スポンサードリンク



ラウール・ゴンザレスの実際の凄さ・・・

59634hp2

またウイイレ基準での話になりますが、
最近有名なフォワードのクリスティアーノ・ロナウド、

メッシ、ルーニー、ネイマールなどの、
マスターズリーグをプレーしたら、

獲得したい選手の名前をあげたら、
本当にスピードの速い選手ばかりでした。

しかし、ラウール選手はそこまでスピードが速く無い印象があります。

しかし、長らく、レアルマドリードやスペイン代表のキャプテンを務め、
レアルマドリードの7番を10年以上にわたってつけていたこと、

そして、内田選手と同じチームでプレーしたシャルケでは、
2年間しか在籍していないにもかかわらず、

ラウールがつけた、7番を永久欠番に当時なるなど、
その影響力はものすごいものがありました。

また、代表やリーグ戦での通算ゴールが379ゴール奪っています。

この数字がどれくらいすごいのかというと、
元ウクライナ代表の人気選手のシェフチェンコ選手で、
通算299ゴール、アルゼンチンの元代表のマラドーナも、
通算307ゴールですので、

その凄さがわかると思います。

現役選手だと、ルーニー選手が、29歳で196ゴール、
メッシ選手は別格でリーガエスパニョーラだけの成績で412ゴール、

クリスティアーノ・ロナウド選手は、クラブ通算で436ゴールあげています。

ラウールと内田篤人の話、澤穂希のあのゴールを絶賛していた。



なでしこジャパンの躍進で大きな注目をあつめることになった、
このゴールですが、この試合に関して、

内田選手とラウール選手には、
少しほっこりする話があります。

なでしこジャパンが優勝し、
日本代表の男子メンバーにも、

取材などが多く合ったみたいなんですが、
あるテレビ番組で、

内田選手はその試合を練習が終わって、マッサージを受けながら、
その決勝戦を見ていたそうです。

近くには、ラウール選手もマッサージを受けていて、
澤選手がゴールした瞬間、

ラウール選手は大きな拍手をして、
かっこ良く去って言ったそうです。

あのラウール選手が、澤選手を絶賛していたということで、
それこそ嬉しい気持ちになります。

内田選手もそのラウールの行動を嬉しそうに、
話していたので、ラウールってやっぱりいいなと、

その時思いました。

また、そのテレビ番組では、内田選手のクロスが、
少しずれてしまっても、

それでもラウールは得点を取ると言っていたので、
内田選手自身もラウールは半端ないと言っていました。

ここまで、ラウール選手の凄さなどを述べてきましたが、
今年の11月で引退。

残り1ヶ月なので、最後は有終の美を飾って欲しいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す