ラウールゴンザレスが引退、実は、FC東京入団の可能性も・・・

94cec9b5-s

ラウール・ゴンザレスが引退を発表しましたが、
かつて、FC東京入団の可能性があったことはご存じですか?

今回は、この話題について書いていきたいと思います。

どうして、ラウールはFC東京でプレーする可能性があったのか?

E383A9E382A6E383BCE383ABE383ACE382A2E383AB-55b5b

ラウール選手はシャルケとの契約合意ができずに、
カタールでプレーすることになりました。

ラウール選手はまったく違う土地でのプレーを希望していたため、
日本のFC東京もそれに目をつけ、

ラウール選手にオファーをかけていました。

結局ラウール選手は移籍せず、
そのままカタールでのプレーをすることになりますが、

FC東京も獲得に動いていたので、
日本でプレーする可能性は十分ありました。

しかし、FC東京ですから、
資金面でやはり厳しかったのかなと思います。

できることなら、元レアルマドリードの7番が、
日本でプレーする姿は見たかったところです。

シャルケで内田選手と仲が良かったと言っていたので、
日本人に対する印象は良かったと思いますし、

可能性があっただけに残念ですね。

スポンサードリンク



ラウール選手同様、実現しそうで実現しなかった大物選手取り

hqdefault

この選手をご存知の方は多いと思いますが、
ロナウド選手。

本名はロナウド・デ・アシス・モレイラというので、
ロナウドが本名なので、間違いではないですが、

もう一人、レアル・マドリードに在籍していた、
ロナウド選手がいますので、

区別するために、ロナウジーニョと呼ばれることが多いです。

まず、ロナウジーニョ選手が日本でプレーする可能性が、
あったということですが、

そのチームとはまさかのコンサドーレ札幌です。

ロナウジーニョ選手の兄のロベルト選手が、
かつてコンサドーレでプレーしていたため、

ロナウジーニョ選手に入団を勧めていたそうです。

1999年の話ですので、
ロナウジーニョ選手が19歳の時の出来事です。

その3年後の日韓ワールドカップでは、
ロナウジーニョ選手はブラジル代表のレギュラーとしてプレーしています。

ロナウジーニョ選手が、もし、コンサドーレ札幌でプレーしていたら、
それはそれで、どのような活躍をしていたか、

楽しみでしたが、ラウール選手同様、
実現していないので、

空想の話になってしまいます。

ちなみに今、ロナウジーニョ選手の兄のロベルトさんは、
逮捕されていますので、その詳細を知りたい方は

http://houdou.tsontrend.com/466.html

大物選手のJリーグ参加と今後Jリーグが盛り上がるために

G20140319007802760_view

最近では、ディエゴ・フォルラン選手が、
ワールドクラスのスター選手として、

日本でプレーしてくれましたが、
それ以外にも、

過去には、ジーコやドゥンガ、エムボマや、
フォルランの他には、最近ではブラジル代表にもなった、

フッキなども日本でプレーしていました。

ちなみにフッキも最初はコンサドーレ札幌でした・・・

日本サッカーが低迷期と言われている中で、
どのように日本サッカーを盛り上げていけばよいのか?

ラウールのようなスター選手をJリーグに呼ぶことはもちろん、
日本人が世界に通用する実力をつけなければなりません。

本田圭佑選手は若手選手に、
度々早いうちに海外に行けと言っています。

日本人Jリーガの最近の代表での活躍を見ると、
あまり目立って活躍できている選手はいないです。

やはり、多くの活躍している選手が海外経験がある選手だけです。

この先、ロシアでのワールドカップに向けて、
もう一度決勝トーナメント進出、

そして、初のベスト8進出のためにも、
多くの取り組みをしてほしいです。

今度こそ、ラウール選手クラスの選手を日本に呼べるのであれば、
絶対にどのチームも入団させることを実現させて欲しいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す